水田水域に生息する魚類の保全や増殖の参考となるマニュアルの作成

水田水域に生息する魚類の保全や増殖の参考となるマニュアルの作成

県名栃木県
研究機関名栃木県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜
年度2012
概要水田水域における魚類の繁殖や生育を促進するため、魚類が河川から水田水域へ遡上する目的や産卵、成育に利用する水路・水田などの環境要因を明らかにする目的で調査を実施した。成果:シマドジョウの産卵場所は素掘りの農業用水路だけでなく、河川のワンド状の箇所でも確認された。産卵場所には、浅い水深、枯れ草や藻類等の堆積物の存在が必要と考えられた。
研究分担指導環境室
予算区分県費
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030186413
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat