野菜苗・果菜類の安定生産システムの開発 、1.野菜類の育苗時における施設冷却法の確立 、2.トマト栽培における施設冷却法の確立 、3.小玉スイカの作型開発

野菜苗・果菜類の安定生産システムの開発 、1.野菜類の育苗時における施設冷却法の確立 、2.トマト栽培における施設冷却法の確立 、3.小玉スイカの作型開発

県名群馬県
研究機関名群馬県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継24〜26
年度2012
概要猛暑により、野菜類においては苗質の低下、トマト促成長期どり作型(7月播種、9月定植)および抑制作型(5月播種、7月定植)においては着果不良および障害果の発生が問題となっている。また、小玉スイカでは、需要の多い夏季の端境期の生産が求められている。
、 そこで、これらの問題に対応した技術開発を実施し、野菜苗および施設果菜類の安定生産・生産拡大を目指す。
研究分担野菜第二係
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030186509
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat