キュウリ残さの適正処理技術の開発

キュウリ残さの適正処理技術の開発

県名群馬県
研究機関名群馬県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継23〜25
年度2012
概要キュウリ栽培終了時の植物体残さ処理は、誘引資材との分離、病害虫や肥料成分の残存等の影響が未解明であることなどから、ほ場内へのすき込みが困難なため農家の負担が大きい。そこで、適正な残さ処理方法を開発する。

研究分担東部地域センター
、機械施設係
、病害虫係
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030186534
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat