残留農薬一斉分析システムの構築による本県農産物の安全生産推進

残留農薬一斉分析システムの構築による本県農産物の安全生産推進

県名埼玉県
研究機関名埼玉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H24〜
、H27
年度2012
概要農薬は法律や自主規制によって安全に使用され、残留検査が実施され、農産物の安全性は担保されている。そこで、近年急速に発展しつつあるガスクロマトグラフ質量分析法と解析プログラムを活用した農薬一斉分析法を導入し、残留農薬の多成分迅速検査体制を構築する。また、イムノアッセイを活用して利用しやすいマニュアルを作成し、生産現場でのGAP推進に利用する。
研究分担本所/農産物安全・土壌担当
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030186629
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat