受託試験事業 、(畑作用新規除草剤の適応性試験)

受託試験事業 、(畑作用新規除草剤の適応性試験)

県名埼玉県
研究機関名埼玉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H24
年度2012
概要麦の安定供給が危ぶまれている中、雑草防除では暖冬、降雨の影響で初期土壌処理剤の効果減少後、後発雑草の発生による麦の生育抑制が認められる。このため、残効期間が長い新規土壌処理剤の効果を確認し、麦類生産の安定化を図る。
研究分担水田農研/米・麦担当
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030186694
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat