県産小麦の新規ブレンド粉の開発

県産小麦の新規ブレンド粉の開発

県名埼玉県
研究機関名埼玉県産業技術総合センター北部研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H23〜24
年度2012
概要目的:これまで培ってきたブレンド技術を活用し、新品種小麦を用いた新たな県産麺用及びパン用ブレンド粉を開発、製品化する。
、成果:「さとのそら」を基調とする麺用ブレンド粉について、「ハナマンテン」の添加量が少ないと操作性・製麺性が低下するとともに、その添加割合が生麺の伸びや茹で麺の「こし」、麺のくすみに影響することが分かった。一方、パン用小麦「ハナマンテン」と「あやひかり」のパン用ブレンド粉について、業務用ミキサーにおいて検討したところ、粉の総タンパク量が下がっても、パンの膨らみを損なわず作業性も向上することが確認できた。
研究分担食品・バイオ技術担当
予算区分県単
業績(1)県産小麦の新規ブレンド粉の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030186707
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat