I 生産力を強化し農林水産物を安定供給する研究 、(1)生産力を強化する栽培・飼養・繁殖・養殖などの生産技術体系の開発 、 2 畑作物の高品質・高生産技術の確立 、 1畑作物の安定生産技術の確立 、(2) 「おおまさり」のゆで豆製品化率及び作業性向上技術の確立(要望課題)

I 生産力を強化し農林水産物を安定供給する研究 、(1)生産力を強化する栽培・飼養・繁殖・養殖などの生産技術体系の開発 、 2 畑作物の高品質・高生産技術の確立 、 1畑作物の安定生産技術の確立 、(2) 「おおまさり」のゆで豆製品化率及び作業性向上技術の確立(要望課題)

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H24-H26
年度2012
概要 製品化率と収穫作業性の向上を図るため、1条播きでマルチを除去しない栽培を前提に、畦の形状(平畦、高畦)とマルチ穴の種類(20cm径穴、22cm幅の帯状切れ目)を変えた試験を行った。その結果、製品化率は向上しなかったものの、平畦栽培の収量がマルチ穴の種類にかかわらず多かった。
、※ 生産販売振興課、印旛・香取農事
研究分担畑作
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030186719
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat