I 生産力を強化し農林水産物を安定供給する研究 、(2)農林水産物の安定供給を支える技術の開発 、 9 高品質安定生産をめざした病害虫・雑草管理技術の確立 、 5 「ネギべと病防除支援情報システム」の構築 、(2) ネギべと病遺伝子診断技術の開発(要望課題)

I 生産力を強化し農林水産物を安定供給する研究 、(2)農林水産物の安定供給を支える技術の開発 、 9 高品質安定生産をめざした病害虫・雑草管理技術の確立 、 5 「ネギべと病防除支援情報システム」の構築 、(2) ネギべと病遺伝子診断技術の開発(要望課題)

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23-H25
年度2012
概要 昨年度開発した手法及びプライマーを用いて、発病株からDNAを抽出し、nested PCRを行ったところ、病斑部、病斑周辺の健全に見える部位及び同じ株の無病徴葉からも特異的増幅が認められた。このことから、感染初期のネギを診断できる可能性が見出された。
、※海匝・山武農事、病理昆虫、東総
研究分担生物
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030186766
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat