II 環境に調和した農林水産業を推進する研究 、(1)県民の暮らしを守る環境保全型農林水産技術の開発 、 11 「ちばエコ農業」支援を軸とした新技術の確立と実証 、 3 減化学合成農薬及び減化学肥料栽培技術の環境影響評価 、(2) 減化学肥料栽培技術の環境影響評価 、 3) 緑肥による養分吸収を利用した環境負荷低減技術の評価

II 環境に調和した農林水産業を推進する研究 、(1)県民の暮らしを守る環境保全型農林水産技術の開発 、 11 「ちばエコ農業」支援を軸とした新技術の確立と実証 、 3 減化学合成農薬及び減化学肥料栽培技術の環境影響評価 、(2) 減化学肥料栽培技術の環境影響評価 、 3) 緑肥による養分吸収を利用した環境負荷低減技術の評価

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H20-H24
年度2012
概要 夏作緑肥のソルゴーと冬作緑肥のエンバクの窒素吸収量は最大で10a当たりほぼ20kgであり、それぞれ深さ60〜70cm及び50〜60cmまでに存在する硝酸態窒素を吸収したまた、ソルゴー及びエンバクすき込み後に基肥窒素を減量してコマツナを栽培した結果、緑肥が吸収した窒素の15〜30%が基肥窒素成分として見込めることが明らかとなった。
研究分担土壌環境
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030186783
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat