II 環境に調和した農林水産業を推進する研究 、(2)バイオマスなどの有効利用技術の開発 、 16 バイオマス等の地域資源・未利用資源の活用技術の開発 、 2 バイオマス資源の品質特性評価と適正施用技術の確立 、(1) 消化液の減容化・改質による調製液肥を利用した作物生産技術の開発 、 1) 露地野菜における消化液調製物の利用法

II 環境に調和した農林水産業を推進する研究 、(2)バイオマスなどの有効利用技術の開発 、 16 バイオマス等の地域資源・未利用資源の活用技術の開発 、 2 バイオマス資源の品質特性評価と適正施用技術の確立 、(1) 消化液の減容化・改質による調製液肥を利用した作物生産技術の開発 、 1) 露地野菜における消化液調製物の利用法

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H23-H24
年度2012
概要 ニンジン、バレイショ、ホウレンソウ、コカブを対象に、消化液調製物の施用効果を調査した結果、バレイショを除く3品目については、化学肥料と同程度の収量が得られ、消化液調製物の利用が可能であった。また、消化液調製物は連用しても、土壌への影響は小さく、問題なく栽培できた。
、※モリプラント、畜環整備機構、栃木畜酪研セ、野菜
研究分担畑作
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030186805
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat