II 環境に調和した農林水産業を推進する研究 、(2)バイオマスなどの有効利用技術の開発 、 16 バイオマス等の地域資源・未利用資源の活用技術の開発 、 2 バイオマス資源の品質特性評価と適正施用技術の確立 、(1) 消化液の減容化・改質による調製液肥を利用した作物生産技術の開発 、 2) 施設野菜における膜透過液の利用法

II 環境に調和した農林水産業を推進する研究 、(2)バイオマスなどの有効利用技術の開発 、 16 バイオマス等の地域資源・未利用資源の活用技術の開発 、 2 バイオマス資源の品質特性評価と適正施用技術の確立 、(1) 消化液の減容化・改質による調製液肥を利用した作物生産技術の開発 、 2) 施設野菜における膜透過液の利用法

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H23-H24
年度2012
概要 葉ネギとトマト栽培のかん水同時施肥における膜透過液の施用が生育及び収量に及ぼす影響を明らかにするため、栽培実証試験を行った。その結果、膜透過液区は化成液肥区と比べて有意な差はなかった。このことから、葉ネギ及びトマトのかん水同時施肥栽培において、膜透過液が利用できることが明らかとなった。
、※モリプラント、畜環整備機構、栃木畜酪研セ、畑作
研究分担野菜
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030186806
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat