III 農林水産資源の維持増大と多面的機能を保全する研究 、(3)森林・農地・水域など、地域資源の持つ多面的機能の評価と維持増進・活用技術の開発 、 21 森林資源の保全及び森林の活用技術の開発 、 1 防災林の管理技術の確立 、(1) 盛土を用いない経済的なクロマツ海岸防災林造成技術の確立

III 農林水産資源の維持増大と多面的機能を保全する研究 、(3)森林・農地・水域など、地域資源の持つ多面的機能の評価と維持増進・活用技術の開発 、 21 森林資源の保全及び森林の活用技術の開発 、 1 防災林の管理技術の確立 、(1) 盛土を用いない経済的なクロマツ海岸防災林造成技術の確立

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23-H27
年度2012
概要 海岸砂丘地で実施中のクロマツ林造成は、その方法が確立された時代よりも立地条件が良好となっており、より経済的なものに改善される可能性がある。そこで、造成法とクロマツの成長等の関係を明らかにすることで、より経済的な造成法を確立する。24年度は、海岸防災林において過去に植栽された事例を調査した。
研究分担森林研
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030186829
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat