IV 革新的技術を活用し多様なニーズに対応したブランド化を推進する研究 、(1)多様化したニーズに対応した品種改良及び技術開発 、 26 果樹の新品種育成と導入・選定 、 1 落葉果樹の新品種育成 、(1) ナシ台木用新品種及び優良系統の育成

IV 革新的技術を活用し多様なニーズに対応したブランド化を推進する研究 、(1)多様化したニーズに対応した品種改良及び技術開発 、 26 果樹の新品種育成と導入・選定 、 1 落葉果樹の新品種育成 、(1) ナシ台木用新品種及び優良系統の育成

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21-H25
年度2012
概要 改植に向く台木を育成するため、栽培種とマンシュウマメナシ間交雑により育成した台木を用いた「幸水」苗木を調査した。1年生枝長や基部直径等は、概して葉数や総芽数の少ない交雑系統が対照としたマンシュウマメナシ後代より劣る傾向であったが、花芽の着生などの特性があった。
研究分担果樹
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030186860
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat