IV 革新的技術を活用し多様なニーズに対応したブランド化を推進する研究 、(1)多様化したニーズに対応した品種改良及び技術開発 、 30 農作物の育種効率を高めるためのバイオテクノロジー手法の開発 、 1 生物工学手法を活用した育種技術の開発 、(1) 遺伝子解析及び網羅的成分分析を用いた野菜類の成分変動要因の解明 

IV 革新的技術を活用し多様なニーズに対応したブランド化を推進する研究 、(1)多様化したニーズに対応した品種改良及び技術開発 、 30 農作物の育種効率を高めるためのバイオテクノロジー手法の開発 、 1 生物工学手法を活用した育種技術の開発 、(1) 遺伝子解析及び網羅的成分分析を用いた野菜類の成分変動要因の解明 

県名千葉県
研究機関名千葉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H22-H24
年度2012
概要 トマト、ホウレンソウを対象に、網羅的成分分析技術によって品種による成分の違いや栽培法による成分への影響を評価した。それぞれ複数品種について、糖類やフラボノイド類の含有成分リストを作成し、品種間差を明らかにした。栽培時の光条件の違いによって、ホウレンソウではフェノール性物質やリン脂質の組成が変化することを明らかにした。
、※パナソニック、かずさDNA研、京都大、野菜育種、東総
研究分担生物
予算区分実用
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030186888
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat