水産加工品の品質管理技術の開発

水産加工品の品質管理技術の開発

県名千葉県
研究機関名千葉県水産総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜H24
年度2012
概要目的:魚肉への通電時の電気抵抗(インピーダンス)が脂質含量によって変化することを利用し、これを簡易かつ迅速に測定できる品質を簡便に開発する。
、成果:機器による品質管理が行われることにより、一定の品質を保証された安全な水産物を消費者に提供出来る。また、機器による水産物の品質の仕分けにより、取引価格が安定し、漁業者や加工業者等の所得の向上に寄与することが期待される。
研究分担流通加工研究室
予算区分受託(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030187014
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat