東京湾小型底びき網のクラゲ分離漁具の指導普及

東京湾小型底びき網のクラゲ分離漁具の指導普及

県名千葉県
研究機関名千葉県水産総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H22〜H24
年度2012
概要目的:東京湾では初夏から秋にかけてクラゲが大量に発生、小型底ひき網にクラゲが大量入網することで、の入網障害、漁網や漁具の破損、揚網時間や選別時間の増加、漁獲物の鮮度低下など種の操業障害を引き起こし大きな問題となっている。そこでクラゲ分離・排出機能を有する漁具を平成21年度までに開発した。そこで当該漁具を導入する際の技術的指導普及を行い、導入後の効果把握を行い、小型底ひき網漁業の経営向上を図る。
、成果:漁業者のクラゲ分離漁具の導入に対する期待は高いため、今後も普及指導していく、漁具導入を進めていく。
研究分担生産技術研究室
予算区分国庫補助(独法水研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030187021
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat