6.家畜排せつ物処理における環境負荷低減技術の確立 、(1)家畜排せつ物処理における簡易・低コスト化技術の開発 、(ウ)家畜ふん堆肥化過程の発酵温度と接触時間が簡易に判定できる示温材の開発

6.家畜排せつ物処理における環境負荷低減技術の確立 、(1)家畜排せつ物処理における簡易・低コスト化技術の開発 、(ウ)家畜ふん堆肥化過程の発酵温度と接触時間が簡易に判定できる示温材の開発

県名神奈川県
研究機関名神奈川県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H25〜
年度2012
概要目的:堆肥化過程での品温上昇と、その持続時間を簡易に確認する示温材を開発する。開発した示温材を家畜ふん堆肥化過程で確認し、その利用性について評価する。
、計画:(1) 家畜ふん堆肥化過程の発酵温度と接触時間が簡易に判定できる示温材の開発
、期待される効果:安全な家畜ふん堆肥の生産と、耕種農家における家畜ふん堆肥の利用拡大。堆肥の温度上昇と持続時間を簡易に判定できる示温材の開発。
研究分担畜産技術所企画研究課
予算区分受託 (民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030187146
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat