14.新鮮で安全な農畜産物を安定して提供するための技術開発 、(1)地産地消を推進する安定生産技術の確立 、(ソ)採卵鶏の性能比較調査

14.新鮮で安全な農畜産物を安定して提供するための技術開発 、(1)地産地消を推進する安定生産技術の確立 、(ソ)採卵鶏の性能比較調査

県名神奈川県
研究機関名神奈川県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜25
年度2012
概要目的:本県の養鶏経営に適したと考えられる銘柄を選定し、産卵性、卵質成績を明確にし、銘柄の特徴を明らかにし、養鶏農家の鶏種選定の指針を示す。季節変動卵価を用いて経済性を明らかにする。
、計画:(1)平成23年え付け鶏の経済検定、(2)平成24年え付け鶏の経済検定。
、期待される効果:各養鶏農家が銘柄の選定を行い易いように銘柄の特徴をできるだけ明確にする。
研究分担畜産技術所企画研究課
予算区分県単
業績(1)ウメ低樹高ジョイント仕立て5年生樹の収量、果実品質と栽培管理の省力化
(2)神奈川県におけるリンゴの樹体ジョイント仕立てによる栽培方法の開発
(3)ウメの樹体ジョイントによる早期成園・省力・低コスト栽培技術の確立
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030187200
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat