気象変動に強く大幅省力化が可能なニホンナシ自家和合性品種の結実管理技術開発

気象変動に強く大幅省力化が可能なニホンナシ自家和合性品種の結実管理技術開発

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所園芸研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23−25
年度2012
概要目的:自家和合性品種の結実特性評価するとともに、結実制御技術の確立し、自家和合性品種を活用した省力、安定栽培マニュアル作成する。
、得られた成果:「新美月」「新王」の開花特性を明らかにし、実用的な自家結実性程度であることを確認した。また、摘芽は品質にほとんど影響なく省力効果が高いことを確認した。
、残された問題点:現地実証


研究分担育種栽培科
予算区分公募
業績(1)ニホンナシ自家和合性品種3品種の開花特性
(2)摘花剤処理が自家和合性ニホンナシ品種の結実に及ぼす影響
(3)自家和合性ニホンナシ新品種‘新美月’,‘新王’のジョイント栽培適性(第1報)ジョイント後の生育状況と着果管理の省力化
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030187329
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat