1 大規模経営を発展させる土地利用型作物の栽培技術の確立 、1)水稲の疎植栽培による超低コスト技術の開発 、(3) 栽植密度別の使用育苗箱数調査

1 大規模経営を発展させる土地利用型作物の栽培技術の確立 、1)水稲の疎植栽培による超低コスト技術の開発 、(3) 栽植密度別の使用育苗箱数調査

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H24
年度2012
概要目的:水稲の疎植栽培は育苗箱数の削減による低コスト化、育苗管理や運搬の軽労化に有効である。ここでは事例把握として、栽植密度ごとの10a当たり使用育苗箱数を実測調査する。
、成果:10aの移植に使用した育苗箱数は3.3m2当たり60株植え設定(実測63株植え)で16.0箱、50株植え設定(実測52株植え)で12.5箱、42株植え設定(実測同)で9.5箱、37株植え設定(実測同)で8.7箱であった。疎植の植付け株数の60株に対する比率よりも、使用した育苗箱数の比率は小さかった。
研究分担作物栽培G
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030187467
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat