1 大規模経営を発展させる土地利用型作物の栽培技術の確立 、4)豆腐用大豆新品種の選定と栽培技術の確立 、(2)新技術を導入した豆腐用大豆の栽培技術の確立

1 大規模経営を発展させる土地利用型作物の栽培技術の確立 、4)豆腐用大豆新品種の選定と栽培技術の確立 、(2)新技術を導入した豆腐用大豆の栽培技術の確立

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜25
年度2012
概要目的:県内の大豆産地では、中耕培土作業の削減による省力化や収量向上を志向して、狭畦栽培の取り組みが行われている。次年度からの導入が予定される有望品種「里のほほえみ」について、狭畦をはじめとした密植栽培を検討する。
、成果:生育は、両品種ともに密植によって草丈、主茎長は長く経過し、株当たり分枝の発生が少なく経過した。開花盛期、成熟期は差がなかった。成熟期の最下着莢位は無培土の狭畦区は高く播種増量区は同等であった。茎太さは「里のほほえみ」では狭畦区で同等、播種増量区で細い傾向であり、「エンレイ」は密植により有意に細くなった。最大繁茂期に畦の直交方向からの風雨に遭遇したことで倒伏が進行し、成熟期の倒伏程度は両品種ともに狭畦区で顕著であったが、「里のほほえみ」の慣行区及び播種増量区では「エンレイ」に比較して程度は軽かった。成熟期の株における着粒構造は、分枝数について「里のほほえみ」では密植の両区で少なく、「エンレイ」では狭畦区で少ない傾向であった。「里のほほえみ」は、密植の両区で分枝節数、総節数、稔実莢数、稔実粒数が少なくなった。「エンレイ」では各区ともに株当たり総節数は大差ないが、密播の両区で1節稔実莢数及び1莢稔実粒数が低下したことで稔実莢数及び稔実粒数が少ない傾向であった。
、収量は、「里のほほえみ」では精子実重が各区ともに同等であった。これは狭畦区及び播種増量区では、株当たりでは少ない稔実粒数が密植によりm2当たりでは慣行区と同等となっていること、また百粒重も慣行区と同等であることが原因と考えられた。「エンレイ」の精子実重は密植の両区で慣行区を下回った。m2当たり稔実粒数は慣行区と比較して狭畦区で少なく播種増量区では同等であるが、百粒重が両区ともに慣行区より軽くなったためと考えられた。以上の結果から、「里のほほえみ」は狭畦栽植や播種増量によっても総莢数や総稔実粒数、大粒比率や百粒重の低下が見られず、密植栽培によっても慣行と同等の収量が得られると考えられた。ただし、無培土の狭畦栽培を行う場合、強風雨の遭遇により倒伏が甚大となる恐れがあるので、生育量が旺盛となりやすい圃場での作付けや多肥を避ける等の注意が必要である。
研究分担作物栽培G
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030187473
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat