9 土壌機能モニタリング調査 、1)環境保全型有機質資源施用基準設定調査 、(1) 有機質資源を活用したダイズの収量改善技術の確立 、1) 有機質資材の連用効果

9 土壌機能モニタリング調査 、1)環境保全型有機質資源施用基準設定調査 、(1) 有機質資源を活用したダイズの収量改善技術の確立 、1) 有機質資材の連用効果

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H5〜
年度2012
概要目的:水田転換畑において、堆肥連用がダイズの生育、収量および土壌肥沃度へ及ぼす効果を明らかにする。本試験では畑転換2年目における効果を検証する。
、成果:堆肥の連用が草丈に及ぼす影響は判然としなかった。相対ウレイド値は連用区が対照区に比べ、開花期および最大繁茂期にやや高い傾向がみられた。N、P2O5、K2O吸収量は、連用区が対照区に比べ開花期、最大繁茂期ともに多かった。堆肥の連用が収量に及ぼす影響は判然としなかった。連用区は対照区に比べ、収穫後地の土壌養分含量が多かった。以上より高地力ほ場における畑転換2年目の大豆作では、堆肥の連用による大豆の収量への効果が明確には認められなかった。
研究分担作物栽培G
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030187484
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat