1 主要野菜産地を支援するための安定生産技術の開発 、1)夏秋どりトマトの安定生産技術の開発 、(1) 直射光の軽減が裂果の発生に及ぼす影響 、1) 被覆資材等による裂果軽減の検討 、カ 被袋期間による裂果低減効果

1 主要野菜産地を支援するための安定生産技術の開発 、1)夏秋どりトマトの安定生産技術の開発 、(1) 直射光の軽減が裂果の発生に及ぼす影響 、1) 被覆資材等による裂果軽減の検討 、カ 被袋期間による裂果低減効果

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜25
年度2012
概要目的:トマトの放射状裂果とヒビ果の発生を同時に抑制できる被袋処理法を開発するため被袋資材の検討を行う。
、成果:放射状裂果の発生率及び発生程度は、無処理区や花緑区で多く、同心円裂果の発生率及び発生程度は、緑収区、無処理区で多かった。開花から緑熟期及び緑熟期から収穫期までの被袋処理では、ヒビ果の発生や被袋時期によっては裂果の発生を助長するため、被袋期間は開花から収穫期までが良いと考えられた。
研究分担園芸栽培G
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030187497
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat