1 水稲・大豆病害虫の簡易発生予測システムと減農薬管理技術の開発 、3)大豆幼莢期防除の要否判断技術の開発 、(2) ウコンノメイガ、カメムシ類 、1) ウコンノメイガ 、ウ クロラントラニリプロール水和剤の散布適期

1 水稲・大豆病害虫の簡易発生予測システムと減農薬管理技術の開発 、3)大豆幼莢期防除の要否判断技術の開発 、(2) ウコンノメイガ、カメムシ類 、1) ウコンノメイガ 、ウ クロラントラニリプロール水和剤の散布適期

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜25
年度2012
概要目的:ウコンノメイガは、幼虫が大豆に葉巻を作って加害する食葉性害虫である。これまで、ウコンノメイガの防除には有機リン系殺虫剤や合成ピレスロイド系殺虫剤が用いられてきたが、これらの薬剤は浸透性が低く、防除適期の幅が狭いという問題点があった。近年、チョウ目害虫に対し高い殺虫効果を示し、浸透性に優れるクロラントラニリプロール水和剤が開発されたことから、本種に対する散布適期について検討する。
、成果:7月26日の散布は、無処理区と比較し、葉巻数の増加を抑制し、減収被害を軽減した。しかし、8月10日の散布は、無処理区と比較し、葉巻数の増加を抑制したものの、減収被害を軽減できなかった。
、 以上から、クロラントラニリプロール水和剤の散布適期は開花期(7月下旬)と考えられる。
研究分担生物資源G
予算区分国補
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030187551
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat