2 主要野菜の難防除病害虫防除技術の開発 、1)スイカ炭疽病の総合防除技術の開発 、(2) 蔓延防止対策の確立

2 主要野菜の難防除病害虫防除技術の開発 、1)スイカ炭疽病の総合防除技術の開発 、(2) 蔓延防止対策の確立

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜25
年度2012
概要目的:スイカ炭疽病菌は雨滴等によって胞子が飛散するため、降雨後、感染株を速やかに抜き取ることが蔓延防止にとって重要である。1度の雨で胞子がどのくらい飛散するかについて調査し、抜き取り範囲を設定する際の基礎資料とする。
、成果:試験1では、ポット苗に発病がみられなかった。選択培地でも炭疽病菌の菌叢の発育は見られなかった。菌接種源(発病株)の直下でも発病がみられなかったことから、病斑部の胞子形成量が少なかったことが原因と考えられる。試験2において、10時間の小雨(1.0mm/h以下)では、菌接種源から90cmの地点まで菌の飛散が確認された。これにより、ひと晩の弱い雨でも、胞子は発病株より1mは飛散することが明らかとなった。
研究分担生物資源G
予算区分国補
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030187554
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat