1 奥能登の地域資源・特産品目の栽培技術確立 、2)葉物類の優良系統の選抜と栽培技術の確立 、(1) 能登サカキの栽培技術の確立 、2) 商品性向上に向けた栽培法の検討

1 奥能登の地域資源・特産品目の栽培技術確立 、2)葉物類の優良系統の選抜と栽培技術の確立 、(1) 能登サカキの栽培技術の確立 、2) 商品性向上に向けた栽培法の検討

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H22〜24
年度2012
概要目的:市場評価の高い能登榊(ヒサカキ)の栽培化に向けて、商品性の高い小枝を多く出させる剪定法を検討した結果、地面から100cmの高さで切り戻すことで、商品価値の高い35cm以上の枝を多く確保できることが明らかになった。しかし、無施肥での検討であったため、継続して安定的に35cm以上の枝を確保できる施肥量について検討する。
、本試験では、自生しているヒサカキを用いて、施肥量を変えて施肥し、切り戻し後の枝の伸び及び収穫量を調査し、施肥法確立の基礎資料を得る。
、成果:1年目の生育において施肥量の差による生育の違いが判然としなかったため、次年度においても同様の施肥を行った状態での生育状況を調査する。
研究分担能登特産物
、栽培G
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030187615
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat