2 奥能登における休耕地削減のための作物導入技術の確立 、1)農地開発地の休耕地への山菜、果樹の導入技術 、(2) 不織布ポット大苗定植によるクリの一挙成園化技術の開発 、1) ポット資材及び容量の検討

2 奥能登における休耕地削減のための作物導入技術の確立 、1)農地開発地の休耕地への山菜、果樹の導入技術 、(2) 不織布ポット大苗定植によるクリの一挙成園化技術の開発 、1) ポット資材及び容量の検討

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜25
年度2012
概要目的:能登農地開発地の主要果樹であるクリでは、近年、加熱することで渋皮が剥きやすい大果な新品種「ぽろたん」の導入が進められている。しかし、収益の上がらない結実までの年数や管理が問題となる。このためクリの早期結実を可能にする不織布ポットを用いた大苗定植技術を開発する。本試験では、ポット資材と容量の違いによる2年目の生育について検討する。
、成果:ポット資材では、ルートラップポットが地上部や根の生育が優れていたが、移植時に直根を切除する必要があることから、定植後の生育後の生育を確認する必要があるものと考えられた。またポット容量は12L、20Lで生育は同等であることから、作業性の面で12Lが適していると考えられた。
研究分担能登特産物
、栽培G
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030187625
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat