未利用有機性廃棄物等を利用した悪臭のない堆肥生産技術

未利用有機性廃棄物等を利用した悪臭のない堆肥生産技術

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H24〜26
年度2012
概要目的:畜産農家の悪臭対策と食品関連事業者から発生した有機性廃棄物の有効利用のために、未利用有機性廃棄物等を利用して堆肥製造過程や製品堆肥から発生する悪臭物質を抑制できないか検討する。 成果:牛ふんの堆肥化時にコーヒー粕(乾)を添加することにより悪臭を防止できると考えられた。また、豚ふんにおいてもコーヒー粕の添加により悪臭の低減は可能であると考えられたが、悪臭防止するためにはさらに検討が必要である。
研究分担技術開発
予算区分県単
業績(1)バイオディーゼル燃料製造副産物を利用した牛ふん堆肥化時の水分調整資材削減技術
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030187669
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat