生体内吸引卵子と性選別精子を用いた効率的な体外受精卵生産技術の開発

生体内吸引卵子と性選別精子を用いた効率的な体外受精卵生産技術の開発

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H22〜24
年度2012
概要目的:搾乳牛において、生体内卵子吸引(OPU)により採取した卵子と性選別雌精液を用いた体外受精(IVF)による受精卵の生産方法を開発し、受胎性の高い性判別受精卵の生産システムを確立する。
、成果:OPUで採取した卵子と性選別雌精液を用いた体外受精(IVF)により受精卵を生産する場合、多排卵処理を行い体内成熟させた卵子を採取する方法が従来法(発情周期の任意の時期に卵子を採取する方法)や卵胞発育同調処理後に卵子を採取する方法に比べより多くの移植可能受精卵の生産が可能であると考えられた。また、これらの方法により生産した受精卵を受卵牛に移植し、雌産子を得ることができた。
研究分担技術開発
予算区分受託(独法)
業績(1)分娩後日数がホルスタイン種における異なる方法によるOPUで採取した卵子と性選別精液を用いた体外受精による胚生産に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030187674
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat