福井梅の新たな需要を生み出す乳酸発酵技術の開発

福井梅の新たな需要を生み出す乳酸発酵技術の開発

県名福井県
研究機関名福井県園芸試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H22〜24
年度2012
概要・ウメの熟度と抽出成分量の関係解明
、 ウメ‘紅サシ’の収穫期を表す指標として用いられる核色と果実径(縦径および横径)に相関があった。6月中旬および下旬に収穫した果実の追熟期間は4日間が適当であると考えられた。
、・加工用途を拡大する追熟技術の確立
、 追熟時の温度は20〜25℃の室温が適当であると考えられた。
研究分担ウメ
予算区分国庫補助
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030187733
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat