ふくいの水産物「見える化」技術開発事業

ふくいの水産物「見える化」技術開発事業

県名福井県
研究機関名福井県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継24〜25
年度2012
概要目的:水産物の脂ののりや旨みなど品質に関する情報を数値化し、目に見える旬の情報として消費者に提供する。
、成果:定置網で漁獲されるアジ、ブリの季節毎の脂ののりを調査した。アジは6月と11月に脂ののりが高い傾向がみられた。ブリは3kg未満の個体では1年を通じて脂ののりが5%以下と低かったのに対し、3kg以上のブリでは10%を超える個体がみられ、大型のものほど脂阿ののりが高くなった。
、マアジ、ブリについて、現場で脂ののりを測定するために近赤外分光器による実用化試験を行った。
研究分担海洋研究部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030187768
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat