水稲品種の比較試験

 水稲品種の比較試験

県名山梨県
研究機関名山梨県総合農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間S28〜
年度2012
概要本調査
、 粳種「つや姫」「きぬむすめ」「にこまる」の栽培特性を把握し、収量性、外観品質、食味の点で3品種ともやや有望と考えられた。

、予備調査
、 晩生粳種として関東259号、中国206号、北陸251号、西海290号、中国201号、姫ごのみ、西海283号、西海291号が、早生粳種として中部132号、山形118号、越南234号、越南235号が栽培性や収量、品質の面から有望と考えられた。

、酒造好適米
、 「吟のさと」は基肥および穂肥の施用量は6kg、2kg/10a、穂肥施用時期は幼穂長2cm、栽植密度は株間で18〜21cmで生育・収量・品質が高まることが明らかになった。
研究分担作物特作科
、岳麓試験地
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030187794
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat