生食用ブドウ新品種の育成 、2)大粒で外観の優れるオリジナル品種の育成

生食用ブドウ新品種の育成 、2)大粒で外観の優れるオリジナル品種の育成

県名山梨県
研究機関名山梨県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継(H16)〜
年度2012
概要新たに6組合せの交雑を行い222粒の種子を得た。結実した99個体について果実調査及び試食会を行い、8個体を継続、5個体を母本とし、83個体を淘汰した。
、紫黒色の「生食ブドウ山梨3号」は、試食検討会での評価が高かった。赤色の「生食ブドウ山梨5号」は、若干の渋味を感じ、1房当たり1〜2粒程度の果頂部裂果が見られた。また、白色袋で果頂部の深色化が軽減される傾向が見られた。 「ジュエルマスカット」について、3ヶ月間の長期貯蔵性について検討したところ、脱粒性は無かったが一部の房には軸全体が褐変している房が見られた。
研究分担生食ブドウ育種科
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030187821
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat