コシヒカリの白未熟粒発生軽減技術 、1. 白未熟粒発生軽減のための生育指標策定 、(1)白未熟粒発生軽減のための適正な籾数、収量、品質の関係の解明

コシヒカリの白未熟粒発生軽減技術 、1. 白未熟粒発生軽減のための生育指標策定 、(1)白未熟粒発生軽減のための適正な籾数、収量、品質の関係の解明

県名長野県
研究機関名長野県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H24〜26
年度2012
概要目的:白未熟粒発生軽減のための適正な籾数と収量を解明し、具体的な制御方法の確立を図る。
、成果:単位面積当たりの株数と移植本数を変えて白未熟粒発生に及ぼす影響を検討した結果、白未熟粒発生は株数より移植本数による影響が大きかった。同様に基肥と追肥による白未熟粒発生に及ぼす影響を検討した結果、基肥量が多いほど籾数の増加がみられたが、白未熟粒の発生に差はみられなかった。
研究分担作物部
、育種部
、環境部
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030187956
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat