野菜・花きの病害虫に関する素材開発研究

野菜・花きの病害虫に関する素材開発研究

県名長野県
研究機関名長野県野菜花き試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20-24
年度2012
概要目的:野菜・花き病害虫の総合防除技術を確立する。野菜害虫の薬剤抵抗性の調査と対策を確立する。野菜・花きの土壌病害の生態と防除技術を確立する。
、成果:アスパラガス茎枯病に対しては、盛り土による感染源埋設処理と薬剤散布の体系処理が有効であることを明らかにした。レタスを加害するアザミウマの種構成と発生時期を検討した結果、優占種はミカンキイロアザミウマであり、8〜9月に被害が顕著となった。
研究分担環境部
予算区分都道府県単
業績(1)緑肥用エンバク(セイヨウチャヒキ, Avena storigosa Schereb.)の褐色壊死斑から分離されたPseudomonas syringae pv. alisalensisについて
(2)Bacterial brown spot on Avena strigosa Schereb. caused by Pseudomonas syringae pv. alisalensis.
(3)アブラナ科野菜黒斑細菌病の発生状況とアブラナ科野菜に対する品種の感受性
(4)土壌eDNA解析による土壌消毒後圃場におけるセルリー萎黄病多発生要因究明の試み
(5)長野県におけるスイカ果実軟腐病の発生
(6)レタス根腐病菌レース検定マニュアルの作成
(7)Colletotrichum acutatum 種複合体菌株に対するC. acutatum 選択培地の有効性
(8)長野県内の露地アスパラガスにおける茎枯病の多発要因の解明
(9)夏秋採りいちご栽培で発生する微小害虫類に対するオオメカメムシによる密度抑制効果
(10)キタネグサレセンチュウによるレタス生育不良とその品種間差異
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030188065
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat