広葉樹資源の有効利用を目指したナラ枯れの低コスト防除技術の開発

広葉樹資源の有効利用を目指したナラ枯れの低コスト防除技術の開発

県名長野県
研究機関名長野県林業総合センター 
課題種別試験研究課題
研究期間新H24-26
年度2012
概要ナラ枯れは、カシノナガキクイムシ(以下、カシナガ)によって媒介されるナラ菌を病原とする樹木の伝染病であり、おもにミズナラ・コナラなどナラ類に大量の枯損被害をもたらしてきた。ナラ枯れ被害軽減に有効なのは、林分内のカシナガの数を劇的に減らすことであり、フェロモン剤と殺菌剤を用いたおとり木トラップ法等が有効であるが、作業面、コスト面等で、対象地が立地条件の良い場所に限定されている。被害拡大の阻止には、初期被害地(微害地)で徹底した防除を広範囲で素早く行う必要がある。 これらのことから、「格段に低コスト」で「高性能且つ作業性に優れ効果的」な樹幹注入処理方法の検討、及び人工フェロモン剤を利用したカシナガ駆除法を開発することを目的とする。 なお、本研究は森林総合研究所を中核機関として、他県の試験研究機関、企業等との共同研究により実施し、当センターは、樹幹注入処理の効率化、低コスト化技術の開発を担当する。
研究分担育林部
予算区分指定
業績(1)ナラ枯れなどの被害木くん蒸処理の検討
(2)殺菌剤少量注入処理によるナラ枯れ予防方法の検討
(3)カシノナガキクイムシ防除薬剤試験(伐倒木くん蒸)キルパー40(切り込みくん蒸処理)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030188167
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat