森林空間の高度利用のための特用林産物生産・流通システムの開発(山菜)

森林空間の高度利用のための特用林産物生産・流通システムの開発(山菜)

県名長野県
研究機関名長野県林業総合センター 
課題種別試験研究課題
研究期間完H20-24
年度2012
概要里山等の森林空間を、きのこや山菜などの特用林産物生産の場として活用していくことは、地域活性化及び森林整備の推進にとって重要である。そこで、森林空間を利用した生産技術の開発と、流通・販売促進のための調査を行い、商品アイテムや販売促進の事例集作成を行う。本年度は、ウドブキの播種、根茎、さし穂などの増殖法の検討をおこなう。コシアブラは播種試験及び新梢剪定による分枝数の推移と若芽収量を調査する。また、山菜を地域ブランドに生かすよう、直売所での調査結果を分析する。
研究分担特産部
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030188172
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat