環境の変化に対応したシイタケ等栽培技術の開発

環境の変化に対応したシイタケ等栽培技術の開発

県名岐阜県
研究機関名静岡県農林技術研究所森林・林業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24〜28
年度2012
概要目的:シイタケ等の生産を取り巻く自然環境や社会環境変化に対応した栽培技術を開発する。
、成果:シイタケ原木栽培では、高温が収量に影響ないことを明らかにした。原木シイタケ栽培での放射性セシウム低減技術を開発した。
研究分担木材林産科
、森林育成科
予算区分国庫補助
、(林野庁)
業績(1)シイタケ原木栽培における夏の休養場所がほだ木内部温度に与える影響
(2)放射性セシウムの付着に対するシイタケほだ木評価と移行低減
(3)休養中のほだ木内部温度が夏季のシイタケ子実体発生に及ぼす影響
(4)ほだ木のフェロシアン化鉄処理によるシイタケ子実体の放射性セシウム低減
(5)福島第一原発事故後における空間線量率の低い落葉広葉樹林の放射性セシウム動態(I)休眠期から葉の展開後までの放射性セシウム濃度の変化
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030188270
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat