静岡発新銘柄地鶏「フジ小軍鶏」の消費拡大を目指した効率的な生産

静岡発新銘柄地鶏「フジ小軍鶏」の消費拡大を目指した効率的な生産

県名岐阜県
研究機関名静岡県畜産技術研究所中小家畜研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24〜26
年度2012
概要目的:冷凍及び解凍条件の違いによる肉質評価を理化学的、官能的手法により行い、おいしさを保つ最適な冷凍・解凍管理方法を確立することで冷凍品での流通を拡大する。また、希釈あるいは凍結精液の授精能力について、実際の授精率から評価し、本鶏に適した希釈倍率や耐凍剤濃度を明確にし、効率的な種卵生産体制を確立する。
、成果:熟成期間が5日以上でクッキングロスが多くなるが、柔らかさが増すことが分かった。旨味成分のイノシン酸では熟成期間が長くなるにつれて分解が進み減少するが、グルタミン酸等の旨味アミノ酸は2倍から3倍に増えた。
研究分担養豚・養鶏科
予算区分県単
業績(1)静岡県の地鶏「駿河シャモ」と「フジ小軍鶏」
(2)竹の飼料利用による放置竹林対策
(3)静岡県の地鶏「駿河シャモ」と「フジ小軍鶏」
(4)静岡県の地鶏「駿河シャモ」と「フジ小軍鶏」
(5)ワサビ茎葉の給与が駿河シャモの免疫機能に及ぼす影響
(6)静岡県の地鶏「駿河シャモ」と「フジ小軍鶏」
(7)静岡県の地鶏「駿河シャモ」と「フジ小軍鶏」
(8)静岡県の地鶏「駿河シャモ」と「フジ小軍鶏」
(9)静岡県の地鶏「駿河シャモ」と「フジ小軍鶏」
(10)LED照明が採卵鶏飼育に及ぼす影響
(11)静岡県の地鶏「駿河シャモ」と「フジ小軍鶏」
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030188302
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat