トップブランド農産物商品化のための革新的品質向上技術の確立

トップブランド農産物商品化のための革新的品質向上技術の確立

県名静岡県
研究機関名岐阜県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24〜27
年度2012
概要目的:「果宝柿」「ジャンボイチゴ」商品化のための糖度、果重、着色向上および品質保持技術の開発及び「夏秋イチゴ」の長期安定生産のための、栽培管理 技術、作期拡大技術の開発を行う。計画:1)大果生産、着色向上、糖度向上、日持ち性向上のための要因分析の実施。2)その要因に対応した栽培技術の開発。
、成果:カキの果実肥大には、9月下旬頃に重点的にかん水実施することや葉果比30以上に管理することが有効であるとが明らかとなった。イチゴの新系統品種は、大果で秀品率が高く、収量性もよいことから有望と判断された。夏秋イチゴでは、秋ポット仮植・春定植作型について検討を進めている。
研究分担野菜・果樹部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030188365
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat