飛騨地域特産農作物を利用した新しい機能性食品の開発

飛騨地域特産農作物を利用した新しい機能性食品の開発

県名静岡県
研究機関名岐阜県中山間農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H22〜24
年度2012
概要目的:ヤマブドウ、エゴマのポリフェノール高含有系統の選抜と安定栽培技術の開発、ナツメの機能性成分含有量の消長解明、並びにポリフェノール等機能性成分を含む新食感菓子の開発を行う。
、成果:エゴマ葉の機能性成分を損なわない栽培方法や、ナツメの葉中ジジフィン含量は、乾燥することによって生葉に比べて10分の1に減少し、それに伴って甘味抑制効果が無くなることなどが明らかとなった。
研究分担本所
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030188388
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat