中山間地特産果樹モモ、リンゴ、クリ等の新品種育成と栽培技術の確立

中山間地特産果樹モモ、リンゴ、クリ等の新品種育成と栽培技術の確立

県名静岡県
研究機関名岐阜県中山間農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜
年度2012
概要目的:モモ台木「国府紅しだれ」の草勢強化による安定生産技術の開発、リンゴの新品種育成及び低コスト生産技術の開発、及びクリの新品種育成と生産安定技術の開発を行う。
、成果:「国府紅しだれ」については、定植時からの米ぬか連年施用により生育が促進されることを明らかにした。また、リンゴ、クリについては有望系統を選抜中である。
研究分担本所
、支所
予算区分県単
業績(1)モモ台木品種‘ひだ国府紅しだれ’の特性 1.春季における耐凍性
(2)冬季の気象条件によるクリの凍害発生予測の検討
(3)モモの凍害発生と対策
(4)岐阜県におけるクリ「ぽろたん」の栽培特性と普及状況
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030188394
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat