飛騨地域特産作物エゴマの品種選抜及び省力機械化栽培体系の確立と新商品開発

飛騨地域特産作物エゴマの品種選抜及び省力機械化栽培体系の確立と新商品開発

県名静岡県
研究機関名岐阜県中山間農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H22〜24
年度2012
概要目的:地域在来種からの系統選抜と新品種登録、機械化栽培技術の確立、並びにエゴマエキス等を活用した商品開発を行う。
、成果:飛騨地域在来のエゴマ中から、機能性成分含量に優れる系統を選抜し、新品種「飛系アルプス1号」として品種登録を行った。また、この品種を用いて、機能性成分含量をさらに高める栽培法を開発した。
研究分担本所
予算区分国庫補助(農林水産省)
業績(1)エゴマ新品種「飛系アルプス1号」の子実ルテオリン含量を高める栽培法
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030188395
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat