分娩前の乳房炎診断とその治療効果に関する研究

分娩前の乳房炎診断とその治療効果に関する研究

県名静岡県
研究機関名岐阜県畜産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H24〜26
年度2012
概要目的:乳房炎の発生率低減のために、分娩前乳汁による乳房炎診断法を確立するとともに、その早期治療法を開発する。
、成果:本年度は分娩前2週間の乾乳期に乳汁を採取することが泌乳期の乳成分によボス影響と乳房炎の発生に及ぼす影響について検討した。
研究分担酪農研究部
予算区分県単
業績(1)県内産黒毛和種肥育牛の枝肉成績とCW−1及びCW−2の各遺伝子型との関連
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030188415
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat