花粉症対策ヒノキ・スギ品種の普及拡大技術開発と雄性不稔品種開発

花粉症対策ヒノキ・スギ品種の普及拡大技術開発と雄性不稔品種開発

県名静岡県
研究機関名岐阜県森林研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜25
年度2012
概要目的:花粉の少ないスギ・ヒノキの普及拡大に必要な技術を確立するため、ヒノキ少花粉品種のさし木による増殖手法、組織培養技術を活用した発根促進技術を開発する。
、成果:発根率の向上および一次根数を増加させるには、光量の調節、品種によって発根処理時間の変更が必要である。発根性の高い採穂用母樹の育成条件を明らかにするため、異なる施肥条件でさし木試験を実施中である。
研究分担森林資源部
予算区分受託(農林水産省)
業績(1)シュート育成培地における活性炭濃度が岐阜県産少花粉ヒノキ益田5号のシュート伸長と発根に及ぼす影響
(2)育苗条件がヒノキさし木苗の伸長量に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030188451
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat