アユ資源有効活用試験

アユ資源有効活用試験

県名愛知県
研究機関名愛知県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜
年度2012
概要[研究の背景・目的]
、 「愛知産アユ」の放流種苗としての評価と、天然遡上アユの資源評価を行って、「愛知産アユ」と天然遡上アユを組み合わせた放流モデルを構築する。
、[本年度の目標]
、・豊川系F4種苗の冷水病感受性を感染試験を行って評価する。
、・昨年度作出された種苗(豊川系F4)について、実験水槽でのなわばり評価の試験をする。
、・豊川のアユ資源評価のため、遡上から産卵までの期間において定期的にサンプリングを行い、体サイズの把握、側線上方横列鱗数及び下顎側線孔数による天然魚と放流魚の識別をして割合を調べる。また、アユ釣り大会での釣獲尾数、産卵場でのコロガシ釣りから、アユのCPUEを求める。
、[結果の概要]
、・豊川系F4の冷水病耐性は、豊川系F3から顕著な低下は見られなかった。
、・豊川系F4のなわばり性は、従来の評価方法(引き分け時の体重差の平均値)では過小に評価される可能性があるため、全勝敗をポイント制で再評価した。
、・その結果、豊川系F4は今年の木曽川系よりも優れているが、豊川系F1よりは劣った。(木曽川系<矢作川系<豊川系F4<豊川系F1)。
、・4月〜6月に牟呂松原頭首工魚道で遡上魚のサンプリングを5回、5月〜9月に「松原」で流し針釣り及び網捕りでのサンプリングを9回、「牛渕」で友釣りでのサンプリングを5回行った。
、・遡上は、4月下旬に大型の群が遡上し、5月上旬は小型化、5月中旬以降はサイズが分散する昨年度と同様の傾向が見られた。
、・松原での放流魚の割合は10〜20%程度であった。牛渕では放流魚の割合は6〜17%程度で、解禁当初は放流魚の割合が低かった。成長を見ると、いずれも調査後半に鈍化傾向が見られ、友釣り漁場では大型魚から漁獲されている可能性が考えられた。
、[事業を進める上での課題・問題点]
、・河川でのアユ資源調査は、河川状況(出水、渇水等)に大きく影響され、年変動が激しく、資源動向を評価するためには、長期のモニタリングが必要。
研究分担冷水魚養殖グループ
予算区分県単
業績(1)アユ資源有効活用試験
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030188632
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat