漁業専管水域内資源調査(底魚資源調査)

漁業専管水域内資源調査(底魚資源調査)

県名愛知県
研究機関名愛知県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜
年度2012
概要[研究の背景・目的]
、 伊勢湾、三河湾及び渥美外海における小型機船底びき網漁業の主要対象種の資源評価を実施し、資源管理を推進するにあたって、対象魚種であるトラフグ、マアナゴ、シャコ、ヤリイカ、マダイ、ヒラメ、ハモの資源状況等を把握するため、調査を実施する。 [本年度の目標]
、(ア)生物情報収集調査による漁獲統計の収集・整理と、生物測定調査による魚体測定の結果を用いて、年齢別の漁獲量および漁獲尾数を推定する。
、(イ)トラフグについて、加入量調査を渥美外海で延縄漁船により実施し、本年漁期の漁獲量を推定して操業計画に役立てる。
、(ウ)標本漁船(底びき6隻、あなご篭3隻)計9隻に漁獲状況の記入を依頼する標本船調査を実施し、漁獲状況を把握する。
、(エ)小型底びき網による漁場一斉調査を伊勢湾で年4回実施し、対象魚種の資源状態を把握するとともに、分布と環境との対応を調べる。
、(オ)ヤリイカについて、加入量調査を渥美外海で実施し、加入資源の動向及び海況との関連を検討する。
、(カ)マダイ・ヒラメ・ハモの資源動向について、漁業情報の収集と毎月の漁獲物測定を実施する。
、[結果の概要]
、(1)トラフグ
、 延縄漁における今漁期の漁獲量は29トンで昨年の89%,平年の58%であった。延縄による試験操業では,1操業あたりの漁獲尾数は10.6尾であった。延縄による試験操業の結果と昨年度の底びき網及び延縄の漁獲状況から,今漁期の延縄における漁獲量は 30トンと予測された。
、(2)シャコ
、 伊勢湾の小底主要港(豊浜)における平成24年の漁獲量(暦年)は、160.3トンで昨年(165トン:97%)をやや下回った。特に、秋以降に顕著な漁獲量の落ち込みが見られた。H24春季の単価は例年より高く、概ね1000円以上/kgで推移した。漁場一斉調査(伊勢湾15点調査)における採集数は、5月が5,396尾、8月が6,636尾であり、昨年度結果(昨年5月が3,039尾、8月が24,724尾)と比較すると8月の採集数が少なかった。 これらの結果から、来年の漁獲の主体となる2011年級群の資源量はここ数年と同水準やや少ないと推定された。
、(3)マアナゴ
、伊勢湾の小底主要港(豊浜)の伊勢湾小型底びき網での漁獲状況を見ると、平成24年のマアナゴ漁獲量は、約108トンで前年を大きく上回った(前年比171%)。また、あなご篭主要港(片名)でのあなご篭による平成24年の漁獲量は、約51トン(前年比67 %)と低迷し過去20年で最低であった。これはガザミが豊漁だったために篭漁業者の努力量がガザミ狙いに集中したためと推定される。マアナゴ葉形仔魚(のれそれ)の混 獲量と小底の漁獲量における正相関関係から、平成23年春の仔魚混獲量指数(来遊水準)は近年では比較的良好であったため、小底の漁獲量では前年を上回ったと推定される。一方、平成24年春の仔魚混獲量指数は過去20年で最低であり、来漁期のマアナ ゴ資源量は非常に低位になると予想される。
、 (4) ヤリイカ
、 8月に加入量調査(試験操業)を行った結果、入網量は3.5カゴ/曳網で あり昨年の資源水準と同等と考えられた。一方、今年度漁期の12月までの片名市場における漁獲 量は56.4トンであり、前年(43トン)を上回った。解禁時の外套長のモードが16cmと例年より大型であったため、尾数あたり漁獲量は高くなったと推定される。
、 [事業を進める上での課題・問題点]
、(1)トラフグ
、本海域におけるトラフグ資源は再生産機構に不明な点が多く、資源を維持していく ためには十分な方策をとることができていない。このため環境要因等の資源変動要因 を解明する必要がある。
、(2)シャコ
、 三河湾におけるシャコの資源構造については不明の部分が多いので、漁獲物のサイ ズや成熟度調査などで明らかにする必要がある。アリマ幼生の発生量についても既存 のデータを整理する必要がある。
、(3)マアナゴ
、今年、本種の産卵場が沖ノ鳥島の南方であることが、共同研究機関により明らかに された。本海域からの産卵場への加入過程や葉形仔魚の来遊様式等、基本的な資源生 態を明らかにする必要がある。
、(4)ヤリイカ
、本種は単年性のイカであり、資源形成には親魚量とともに水温環境が大きく影響す ると考えられた。これらのデータを整理し、資源量予測法を検討する必要がある。
研究分担海洋資源グループ
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)漁業専管水域内資源調査
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030188640
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat