河口域資源向上技術開発試験

河口域資源向上技術開発試験

県名愛知県
研究機関名愛知県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜
年度2012
概要[研究の背景・目的]
、 近年県内のアサリ漁場では稚貝の発生状況が悪化しており、生産量を維持するためには稚貝の移植放流が必須となっている。一方、豊川等河口域では、毎年のようにアサリ稚貝が大量に発生している。これら河口域で発生する稚貝の発生機構の解明及び活用手法の開発を目的に、海域環境と合わせて稚貝の発生時期、密度、成長及び生残等を明らかにする。
、[本年度の目標]
、(1) 豊川河口域においてアサリ稚貝の分布調査を定期的に実施し、発生量を把握する。
、(2) 豊川河口域の酸素環境を連続記録計及び定期観測により把握する。
、[結果の概要]
、(1) 4〜9月にかけて稚貝の分布調査を実施した。1mm以上のアサリは、8月に最大の23,710個体/m2が確認された。
、(2) 7月から8月にかけて豊川河口沖合域に貧酸素水塊の接近が確認されたが、稚貝の大量へい死には至らなかった。
、[事業を進める上での課題・問題点]
、・特になし。
研究分担漁場改善グループ
予算区分県単
業績(1)河口域資源向上技術開発試験
(2)三河湾六条潟におけるアサリ着底初期稚貝の動態
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030188642
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat