中山間茶栽培地域活性化に資する茶品種とその利用技術の開発

中山間茶栽培地域活性化に資する茶品種とその利用技術の開発

県名三重県
研究機関名三重県農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H23−25
年度2012
概要【目的】中山間地域の茶業活性化に資する茶品種とその利用技術の開発を行う。三重県は育成された系統の中から収量性、官能審査結果、成分分析結果を併せて総合的にかぶせ茶適性を評価し、適性の高い系統を選抜する。
、【得られた成果】かぶせ茶適性の高い系統として「宮崎31号」を有望とした。被覆開始時期としては、収量は3.5葉期、品質は3葉期が優れた。
研究分担茶業
予算区分受託(独法)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030188689
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat