肥料価値の高い堆肥製造技術に係る物質収支の解明とその利用技術の開発

肥料価値の高い堆肥製造技術に係る物質収支の解明とその利用技術の開発

県名三重県
研究機関名三重県農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H21−25
年度2012
概要【目的】高窒素鶏ふん肥料を製造販売している採卵鶏農家について、尿酸態窒素やアンモニア態窒素などの物質収支及び経済性等を検証し、また高窒素鶏ふん肥料の効率的な施用方法を明らかにする。
、【得られた成果】鶏ふんを原料とする超高窒素ペレット肥料の製造は、微生物による生ふん中の尿酸分解を発酵温度と水分条件を制御することで、抑制する高窒素堆肥生産工程と、これに尿素及び固結防止剤としてシリカを混合し、ディスクペレッターで加工する成型工程を組合せることで可能となる。
研究分担循環機能開発
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030188694
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat